PAGE TOP

2021.09.27 【A】邸:煤竹の御簾垣(竹垣)

松浦造園 施工例 竹垣

完成

松浦造園 施工例 竹垣

御簾垣を内側から見た様子

 長年に渡りお施主様が手入れをされていたカイズカイブキの生け垣をイメージチェンジし、御簾垣を作成いたしました。
 耐候性が高いAS系の樹脂製の竹材を用いましたので、お手入れは経年劣化を防ぐ為の「年に1~2回の水洗い」程度で済みます。御簾垣でお作りしましたので、竹材の間に2㎜程の隙間があり、目隠しをしっかりしながら、採光と通気性も確保されています。
 煤竹風の色合いのものを使うことで、もとのカイズカイブキが持っていた自然な雰囲気を維持した竹垣を作ることができました。

【施工前後】