PAGE TOP

環境部 / 農業生産法人㈲宝箱

“環境と緑の創生”の理念から生まれた2部門 平成13年に廃棄物処理法が改正され野焼が禁止になり、剪定枝を許可なく焼却処理することができなくなりました。放置しておくこともできず、廃棄物として捨てるか資源として再利用するかの選択の中で、私たち松浦造園㈱は木くずを資源に変える道を選びました。 会社近くの山で長年植木づくりを行ってきたノウハウを生かし、平成10年から日本の昔ながらの発酵を利用した独自製法で、植物性堆肥づくりを始めました。松江近郊から発生する廃棄木くずを利用した堆肥は自然にやさしく、植物素材ゆえに良質な微生物が土壌に棲みやすくなり、作物の育ちやすい健康的な土壌へと変えることができます。また健康な土壌を作ることは病虫害を従来よりも抑えることに繋がり、有機栽培(農薬・化学肥料不使用)を実践することもできました。 松浦造園㈱では、資源の大量採取・生産・消費・破棄を抑えた循環型社会の実現を目指し、リサイクル製品として資源再生堆肥を「クリーンコンポ」と命名して販売をしています。 農業生産部門を担う(有)宝箱ではクリーンコンポの有効性を実践活用した有機農業を行っています。農産物の生産・加工・販売までを一貫して行っており、安心安全の食をお届けすることを信条として活動しています。

環境部の仕事の様子

農業生産法人㈲宝箱の仕事の様子

宝箱事業ホームページ

http://e-takarabako.com/

Instagram

アカウントページを表示する/